タグ:EOS 5D Mark II ( 491 ) タグの人気記事

2009年のアーカイブですが・・・

あけましておめでとうございます。
と言ってもすでに5日ですが・・・。(笑)

せっかくの年男なのでちなんだモノを探したのですが、アーカイブ上にしかありませんでした。
まあ、昨年はほとんど撮影に行けませんでしたので当然でしょうか?

c0195157_2157929.jpg


今年は、行かなくてはね〜。
震災から随分経ったし、きっとその気になるでしょう。

遅くなりましたが、皆様今年もよろしくお願い致します。

Data
EF70-200F4L IS(70.0mm)
TV 1/25sec
TV F4.0
ISO 3200
[PR]
by floral-blenny | 2012-01-05 21:57 | others | Trackback | Comments(4)

皆既月食 3

少し更新が空いてしまいました・・・。

通常月と星の写真は両立しないのですが、こんな時ならと思い撮影してみました。
こんな感じでギリギリでしょうね〜。
もっと広い画にしたかったのですが、更に月が小さくなるのでやめておきました。
まあ一応参考になるかと思い、掲載致します。

c0195157_16112931.jpg


Data
EF24-105L(105.0mm)
TV 5sec
AV F8.0
ISO 1600
三脚使用

EOS60Dも買ったことだし、いい加減にセンサークリーニングとピクセルマッピングをお願いしに行かなくちゃいけませんね〜。(笑)
[PR]
by floral-blenny | 2011-12-27 16:14 | photo | Trackback | Comments(4)

魚眼使用時における注意点

この手の内容は必要かな?と思いますので、書いておきますね。

取り敢えず2枚御覧下さい。

c0195157_1729865.jpg


c0195157_17292763.jpg


1枚目は上にバレモノ(ビル)があります。
2枚目は下にバレモノ(レンズの影)があります。

魚眼を使う上での最大の注意点は、バレモノです。
きちんと確認しないと、イロイロ写り込みます。

特に全天周魚眼は、レンズの位置より前にあるものは全て写り込むと思って下さい。
ですから、隅々までチェックが必要です。
自分の足、バッグなどの荷物、影など・・・。
背後にあるビル、街灯などもレンズの向いている角度によっては、写り込みますから。
ちなみに対角線魚眼も超広角レンズも、バレモノに注意するのは同じです。

もっと早くに書こうと思っていたのですが、遅くなりました。

More   おまけ
[PR]
by floral-blenny | 2011-08-21 17:34 | photo | Trackback | Comments(4)

EF8-15mm F4L FISHEYE USM

みなさま、ご無沙汰しておりましたがお元気でしょうか?
何かと色々忙しく、一月半以上サボっておりました。
表題通りのレンズを購入したことを、twitterでつぶやいたら作例を載せろという依頼があったので掲載します。
作例と言うほどのものではなく、動作チェックのために撮影したものですが多少の参考になればと思います。
自宅マンションのベランダからになります。

8mm
c0195157_17421697.jpg


1枚目は焦点距離8mm、5DMKIIなどのフルサイズセンサーで全周魚眼になります。
階下のパラボラアンテナ(スカパーのだと思います)まで、写っています。

10mm
c0195157_1742527.jpg


2枚目は焦点距離10mm、APS-Hサイズのセンサーで対角線魚眼になります。

12mm
c0195157_17431237.jpg


3枚目は焦点距離12mm、APS-Cサイズのセンサーで対角線魚眼になります。

15mm
c0195157_17433032.jpg


4枚目は焦点距離15mm、フルサイズのセンサーで対角魚眼になります。

太陽の方向に雲があるので分かりにくいかもしれませんが、15mm以外はギリギリ太陽が入り込んでいるはずです。

今まで全周魚眼に興味はあったのですが、対角魚眼を持っているし、全周魚眼〜対角魚眼までのズームがあったらなんて思っていました。
そこへCanonの発表があり、飛びつくように予約しましたね〜。
発売延期になり、震災〜津波で更に延期になり、長いこと待ちました。
しかし、来週からの旅行に間に合うなんてタイミングが良すぎです。
このレンズで星空が撮影出来たらなんて目論んでいますが、こればっかりは天気やその他の要素次第なんですけど・・・。

本格的な事はそれ以降になりますので、今日の所は参考までに。
[PR]
by floral-blenny | 2011-07-30 18:11 | photo | Trackback | Comments(14)

2010 日光 38

大変長らくサボってしまい、申し訳ありません。m(__)m
公私でバタバタしていました・・・。

東照宮の眠り猫ですが、こんなところに?って場所にあり、おまけにこんなもん?ってくらい小振りでした。
他の観光客の皆さんも、驚くくらいに・・・。(笑)

c0195157_14262971.jpg


Data
EF135L
TV 1/160sec
AV F5.6
ISO 2500

More   サッカー好きの方へ
[PR]
by floral-blenny | 2011-02-09 14:31 | others | Trackback | Comments(12)

2010 日光 37

唐門の左側には神輿舎がありましが、読み方は「しんよしゃ」と読むそうです。
中には三基の神輿(みこし)が納められており、春秋渡御祭(5月18日、10月17日)に使われるとのこと。
2枚目の写真は、そこの天井画になります。

c0195157_22331480.jpg


c0195157_2233368.jpg


Data
EF50L
TV 1/40sec(1枚目)1/50sec(2枚目)
AV F2.8
ISO 400(1枚目)1000(2枚目)
[PR]
by floral-blenny | 2011-01-28 22:34 | others | Trackback | Comments(4)

2010 日光 36

唐門あたりです。
現在平成の大修理中になります。
外側を透明アクリル覆って、中では作業員が色塗りの最中でした。
アクリル板が汚れていて、光の反射が強く、映りが強かったので偏光フィルターを使ってもここまでが限界・・・。
まあ、記念写真ということで・・・。(笑)
一応コントラストを強めて見やすくはしておきました。

c0195157_17443911.jpg


c0195157_17445984.jpg


Data
EF50L
TV 1/100sec(1枚目)1/60sec(2枚目)
AV F2.8
ISO 100
C-PL使用
[PR]
by floral-blenny | 2011-01-26 17:45 | others | Trackback | Comments(6)

2010 日光 35

陽明門の中に入ります。
14日に掲載した壁の内側に、奉納されたお酒が積んでありました。
床がツルツルで、綺麗に映っていたので撮影してみました。

c0195157_1962732.jpg


Data
EF50L
TV 1/40sec
AV F1.2
ISO 100
[PR]
by floral-blenny | 2011-01-24 19:07 | others | Trackback | Comments(6)

2010 日光 34

陽明門です。
仁王門で仁王がいる場所に、このような方がいらっしゃいます。
聖人とか賢人の類でしょうか??
しかし、太陽の直射が強すぎてバランスがキツイですね〜。(笑)

c0195157_17464762.jpg



昨日は朝から映画を見に行っていました。
自宅から車で20分程度のところにある、ショッピングモール内のシネコンです。
ここは駐車場も無料だし、金曜日はふたりで2000円で鑑賞できます。

昼前から「武士の家計簿」を見ましたが、淡々とした展開で面白かったですね。
その後、フードコートで昼食を摂り喫茶店でデザート&珈琲を。
平日なら珈琲のおかわりが1杯だけ無料になるので、お得です。(笑)
夕方より「最後の忠臣蔵」を見ましたが、これは皆さんにお勧めです。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、役所さんの演技が凄かったです。
その後夕食にお肉を食べて(笑)、帰宅後珈琲を飲み、風呂に入り、アジアカップ観戦。
ヒヤヒヤドキドキでしたが、勝てて良かったです。
おかげで今日は何となくボーッとしてます。(爆)

Data
EF50L
TV 1/125sec
AV F5.6
ISO 100
[PR]
by floral-blenny | 2011-01-22 17:48 | others | Trackback | Comments(6)

2010 日光 33

ちょっとサボってしまいました・・・。(笑)

陽明門です。
暗い部分を見せつつ、ハイライトを飛ばさないようなレシピで現像しました。

c0195157_21152034.jpg


Data
EF50L
TV 1/400sec
AV F5.6
ISO 100
[PR]
by floral-blenny | 2011-01-20 21:24 | others | Trackback | Comments(4)