カテゴリ:music( 10 )

西伊豆ドライブ その2

この浜は海水浴場でもありますが、砂ではなく細かい砂利になってます。
砂だらけにならないという利点もありますね。
砂遊びは出来ませんが・・・。(笑)

c0195157_1862865.jpg


ただ今密かにiTunes Store USA利用を計画中です。
日本だといろんな制約で、参加していないレコード会社などありますが、少し快適になりそうです。

BGM
Electric Light Orchestra & Olivia Newton-John 「Xanadu」
Electric Light Orchestra 「Out Of The Blue」

Data
EF135L
TV 1/500sec
AV F5.6
ISO 100
[PR]
by floral-blenny | 2010-04-01 18:07 | music | Trackback | Comments(10)

巾着田 5

今日は135Lでの少し寄りめの写真を・・・。
それも白い花がメインです。

c0195157_1117664.jpg


c0195157_11171967.jpg


え〜、昨夜我が家にやってきました。
何?って??
先日ポチッとした、The Beatles Box Stereo Remasterです。
いや〜たいそうな箱に入ってまして・・・。(笑)
おまけに・・・、重い・・・。(爆)
まあディスクが全部で17枚ですから、仕方ないかもしれませんが・・・。
でも一番重いのは、箱かも??しれません。(笑)
まだ実際の音は聞いていないので、感想は後日ということで。

Data
1枚目
EF135L
TV 1/2000sec
AV F2.0
ISO 100

2枚目
EF135L
TV 1/4000sec
AV F2.0
ISO 100
[PR]
by floral-blenny | 2009-10-04 11:54 | music | Trackback | Comments(9)

上高地 61

c0195157_1842520.jpg


c0195157_1843771.jpg


今日は2枚です。季節感はないですけど、ニリンソウ・・・ですよね〜??yukiさん。
ニリンソウだけで何日も続くのはどうかな?と思いますので、2枚掲載にしました。(笑)
花の写真は、あまり自信ないですが・・・、どうでしょうかね〜???(爆)

「タモリ倶楽部」で、The Beatlesのデジタル・リマスター盤の試聴をやってました。
実際TV越しに聞いても違いが分かり、新しいのがちょっと欲しくなりましたね〜。
いや、持っているんですけどね。リマスター前のは全部・・・。(爆)
Beatlesはその時代のレコーディング技術の最先端をいっていました。
今と比べるとチープな技術ですが、当時は画期的な事でしたからね〜。
マルチトラック・レコーディングの走りですから。

あ、すいません・・・、ちょっとオタク入ってますね・・・。(笑)

BGM
The Beatles の「Abbey Road」
↑タモリ倶楽部のせいです!!(笑)

Data
1枚目
EF135L
TV 1/6400sec
AV F2.0
ISO 400
2枚目
EF135L
TV 1/400sec
AV F2.0
ISO 400
なんでこんなデータなんだろう・・・、記憶がないです。(笑)
両方絞り優先で撮影しているのですが・・・。
[PR]
by floral-blenny | 2009-09-12 18:17 | music | Trackback | Comments(12)

花灯路 29 + 桜 23

c0195157_14343795.jpg


建仁寺の庭。方丈という建物から本堂へ行く通路の壁にこんな模様(?)で窓のように開いていました。
そこを額縁に見立て、方丈の庭を撮影してみました。

c0195157_14345064.jpg


地面に咲いていたタンポポ、その周りにも沢山の桜の花びらが・・・。


BGM
John Lennonの「Imagine」
ビートルズとの出会いは中学1年生の時、友人がお兄さんの影響で聞き始め、その影響でした。
その頃は何処が良いのかが解らず、みんな同じに聞こえ、ハードロックに傾倒していきました。
20代に入った頃、なんとなくもう一度ちゃんと聞いてみようと思い立ち、聞いてみました。
中学時代に感じていた感覚は吹っ飛び、大好きになりましたね。
Johnは基本大好きなんですが、Yokoの影響が出始めた頃から嫌いな曲も出てきます。
なので、ビートルズの終焉期以降は好きな曲と嫌いな曲がはっきりしてきます。
解散後はもっとはっきりしてきますが・・・。(笑)

Data
花灯路
EF50L
TV 1/3200sec
AV F2.0
ISO 100


EF70-200 F4L IS (200.0mm)
TV 1/800sec
AV F4.0
ISO 100
[PR]
by floral-blenny | 2009-04-19 14:47 | music | Trackback | Comments(8)

花灯路 26 + 桜 20

c0195157_17102239.jpg


祇園にある建仁寺ですが、盗難に遭っていた仏像が戻ったとかでこの日は拝観料が無料でした。
ラッキーなのかなんなのか複雑ですが、こんなこともありましたってことで・・・。(笑)
建仁寺はけっこうオープンなお寺でして、「撮影禁止」と書いていない物に関しては撮影OKで、ストロボも可だそうです。
こんなお寺は初めてでしたね〜。今日の掲載写真は単なる証拠写真です。無料の〜〜〜!!!(爆)

c0195157_17103662.jpg


後ボケに花びらが舞い散っているのが確認できるでしょうか??舞い散る花びらは意外に難しかったですね。
右端にいる人(ボケの中ですが)が、楽器の練習中でした。
管楽器はけっこう大きな音が出ますので、自宅での練習って難しいのでしょうね〜。
よく、代々木公園とかでもトランペットやサックスの練習をしている人がいます。

話が全く変わりますが、たまには音楽の話でも・・・。(笑)
最近よくTVでみかけるPerfumeというグループ、ジャンルで言うとテクノポップらしいです。
どう考えても普通のポップス、ただボーカルにはボコーダーを通して音を加工してますが・・・。
今はボコーダーを使えばテクノなのか・・・???それなら、いろんなテクノが誕生しちゃうぞ???
YMOをオンタイムで聞いていた(好きとか嫌いとかではなく)世代の自分には全く許せません。
いろいろ書くとあらぬ事態を招くかもしれないのでこれくらいにしておきますが・・・。(笑)

BGM
Michael McDonald

Data
花灯路
EF50L
TV 1/8000sec→限界に挑戦したわけではありません!!(爆)
AV F2.0
ISO 100


EF70-200F4L IS(200mm)
TV 1/160sec
AV F4.0
ISO 100
[PR]
by floral-blenny | 2009-04-16 17:35 | music | Trackback | Comments(8)

親の七光りとスター性

c0195157_16274576.jpg

水墨画の様ですが、カラー写真です。(笑)
全く今日のお題とは関係有りませんが・・・。

昨日は武道館へ行ってきました。コンサートを楽しんできましたよ!
武道館と言えば「大きな玉ねぎの下で」という曲が有名?ですが、この曲実は切ないラブソングなんです。
歌っているのが爆風スランプのサンプラザ中野なんで、コミックソングに感じる方もいらっしゃいますが・・・。
歌詞を読むと、淡い恋に破れた少年の切なさを感じます。

って、爆風スランプもサンプラザ中野も全く関係なく、見てきたのはRod Stewartです。
これで昨日のBGMの理由がお判りでしょうか??

派手なジャケットで登場しましたが、年齢を感じるダンスには若干忌野清志郎を感じてしまいました。(笑)

相変わらずのハスキーヴォイスはやっぱりいい感じです。
シンプルなステージセットとDLPを使った演出には、彼のエンターテイメント性を痛感。
バックをサポートするミュージシャンは、実力派ぞろいのようでしたし。
特にコーラス担当の女性3人は凄かったです。
ただ、Saxを担当した女性とヴァイオリンを担当した女性は、ビジュアル込みだったようで実力的にはやや・・・でした。

途中Rodの娘Rubyが登場し(その間Rodは衣装替え)1曲メインで歌っていきましたが、やはり親の七光りにはスター性やカリスマ性は含まれていないようで、微妙な感じです。ただ、滅茶苦茶スリム、Rodも足はスリムですが・・・。

後半の衣装替えの時にもコーラスのうちの一人がメインで歌いましたが、実力は凄いのですがやはりそれだけだったようでスター性やカリスマ性を感じることは無かったです。

スター性やカリスマ性っていうのは、その人個人の持って生まれた才能なんだな〜と深く思った昨日でした。

BGM
高中正義「虹伝説~THE RAINBOW GOBLINS」
[PR]
by floral-blenny | 2009-03-12 16:28 | music | Trackback | Comments(8)

有望な新人

今日の東京はどんより曇っていて、肌寒い日でした。
なので、春っぽく感じられそうな画を選んでみました。
c0195157_17505061.jpg

松ぼっくりのお子様なのでしょうかね〜?

先日知人のブログで有望な新人アーティストを知りました。
知人はCMディレクターなんですが、縁があってそのアーティストのPVを演出することになったそうです。まだデビュー前ですので、そのPVは見ることは出来ませんがレコード会社のサイトでデビュー曲の一部を試聴できました。自分にとってはずばりストライクゾーンで、今後を期待してます。
知人には出来れば手伝いたかったと伝えましたが、今後縁があればお手伝いできるかも?しれません。興味が有ったらこちらにどうぞ!
まだ19才だそうです。

本日のBGM
Ben E. King
The Platters
[PR]
by floral-blenny | 2009-02-09 18:01 | music | Trackback | Comments(6)

カバーは・・・。

c0195157_20505100.jpg


大手検索サイトにはよく質問・相談コーナーみたいなのが有りますよね。昨日たまたま見かけた質問で、「友人の結婚式で素敵なバラード曲を歌おうと思います。Eric ClaptonのLaylaなんかいいと思うんですが、他に何かオススメありませんか?」っていうのがありました。
多分若い子なんでしょうね〜、曲の背景を知っている人が列席者にいたらまずいだろ〜?なんて心の中で思ってしまった。だって、Claptonが親友であるGeorge Harrisonの奥さんに恋をして苦しんでいる時の歌なのですから。結果奪い取るわけですし。

前置きが長くなりましたが、ここ数年音楽業界はカバー曲が流行ってますね。中には許せるモノも有りますが、そのほとんどは個人的には・・・ですね。やはり原曲のイメージっていうものがありますから、それをある程度リスペクトしていただかないとね。CMの長さに合わせてすごくテンポを速くして、そのアレンジのまま発売しちゃうなんてのも許せません。
ここ数年でカバーっていうと、徳永英明さんが真っ先に浮かぶかもしれませんが、自分にとっては完全にNGです。デーモン小暮閣下が女性ボーカリストの曲を歌った中の何曲か、稲垣潤一さんが女性ボーカリストとデュエットしたアルバム、くらいですかね?確か甲斐よしひろが徳永さんの真似をしているみたいでしたけど、聴く気もおきません。
他の人の曲をカバーするっていっても、本人なりのアレンジで、原曲を超えるくらいの歌なら大歓迎なんですけどね。例えられる人は一人しかいないかな?矢野顕子さんなんですけどね。
The Boomの「中央線」、UNICORNの「すばらしい日々」なんて最高ですよ。

要するに、誰かがカバーで売れたら真似をするとか、やめませんか?

本日のBGM
Louis Armstrong
UNICORN
矢野顕子
無茶苦茶な取り合わせかもしれない・・・。
[PR]
by floral-blenny | 2009-02-03 21:18 | music | Trackback | Comments(7)

音楽についての雑感

今日は昨日と違い、朝から寒くて雪もちらついてます。
何か暖かそうな写真をと思い、これにしました。

c0195157_14483025.jpg


1970年代終わりから1980年代にかけて、音楽好きな自分にとって一番いい時代に青春時代を過ごしたんだなと思います。ビートルズなどから多重録音が始まり、録音器材が進化し電子楽器が発達しある一定の形になったのが1980年頃ですから。なんて書き方をすると、音楽好きな人生の諸先輩方から苦情が来そうですが・・・。
たまに70年代後半から80年代前半の日本の音楽を聞くと、劇的に変わっているのがよく判ります。特に歌謡曲なんかは、曲のメロディ、アレンジ、演奏、コーラス、ホントに違いますね。一度そう言う聴き方をしてみて下さい。笑えますから。
ただし、その頃の洋楽を聴くと日本の音楽ってなんて遅れているんだろうとも感じますが・・・。

中学生の頃はFMラジオや友達の兄貴が洋楽の先生でした。初めて行ったコンサートはKISSでしたし。レコードは買えるほどの小遣いはもらってないので、友達に借りたりしてました。高校時代はアルバイトをして、タワーレコードで輸入盤を買ったり、友達と貸し借りしたり、コンサートやライブハウスにも通っていましたね。

1990年代は自分にとっては音楽的に暗黒時代かな?音楽とは思えないような(あくまで自分にとって)モノばかりで。全てがコンピューター打ち込みだったり、歌とは言えないラップとか。21世紀に入ってやっと音楽といえるモノが出てきてはいるようですが。

よく「音楽何を聞くのですか?」って質問を受けますが、若い頃は「演歌と民謡以外なら大概聞きます。」でした。最近は「〜以外」の〜の部分が多くて(ジャンルも細分化しすぎてますし)困ります。でも、若い頃との違いは、一部の演歌は好きだったりします。歳を重ねた証拠なのですかね?

なんか、寒くて思考回路が鈍ってます。お許しを!
[PR]
by floral-blenny | 2009-01-24 15:33 | music | Trackback | Comments(5)

伝統音楽

c0195157_1727113.jpg


年始の4日に毎年恒例となった(といっても自分は3回目か?)コンサートに行ってきました。(って、こんな話を今頃書いてます・・・。)
雅楽家の東儀秀樹さんです。
新年に雅楽を聴くって、いいですよ〜。日本人って感じで。
2部構成で第一部が伎楽(ぎがく)、雅楽の伝統的な音楽。第二部がオリジナルです。雅楽が元々宮中で行われたり、宗教的な物であったのに対し、伎楽は庶民的な物だったそうです。
今はその復興に力を入れているとのこと。正倉院にある面を復興したり、音楽や踊りも彼なりに作り出しています。(ただし資料が無いそうですが。)
篳篥(ひちりき)の力強い音色、龍笛(りゅうてき)の澄んだ音色、鳳笙(ほうしょう)の天からそそぐ光のシャワーのような音色、心が洗われる感じがします。
一度体験されることをオススメしたいですね!

ちなみに、アンコールの時に(名前は判らないのですが)、十二単を着てにこやかな笑顔で上半身を大きく降りリズムを取る、琴を弾く女性のファンだったりします。(爆)
[PR]
by floral-blenny | 2009-01-20 17:52 | music | Trackback | Comments(2)