Departures

c0195157_19272414.jpg

乃木神社内の朱塗りの鳥居です。美しい朱を出してくれています。

今週の東京は菜種梅雨らしいです。曇ったり雨降ったりの一週間になりそうです。
なんか今日はぼんやりしていてお題が見つかりません。
元気を出そうとしてラテン系の音楽をかけているのですが・・・。

そういえば、アカデミーの外国語映画賞(でしたっけ?)に「おくりびと」が選ばれました。
TV局が関係しているので、実はまだ見ていないのですが、これを機に近々見に行こうかと思っております。
この映画は実は主演の本木くんが題材を見つけたそうですね。15年も前に・・・。
それを暖めて、晴れて映画化されたようです。
アイドル出身ですがいい役者さんになってきていると思います。小泉さんとともに。(今日子さんですよ〜)
彼の出身事務所を考えるとどうなるのだろうと思ってましたが、結婚して強力なバックを持ちましたので全く心配は無くなりましたね。
内田裕也と樹木希林ですからね〜、義理の親が!!
ただ、一つ気になったのが、滝田監督が「日本の映画技術が認められた」なんて仰ってましたが、それは違うぞと・・・。たしかに賞は取りましたが、技術に対してではないでしょう??まあ、まだ見てないので断言は出来ませんがね〜。5月からアメリカでも劇場公開するらしいですが、どこまで観客が入るか・・・。アメリカで当たる映画は決まってますからね〜。パターンが。まあ、そんなに大それた考えは無いでしょうね。

BGM
松岡直也
[PR]
by floral-blenny | 2009-02-24 19:44 | movie | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://photototo.exblog.jp/tb/10961747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukionna at 2009-02-24 20:50 x
こんばんは~
鳥居の朱色が鮮やかですね~!日本の風景に外人さんを入れることで日本らしさをより強調できて、これまたニクイ演出です。
>主演の本木くんが題材を見つけたそうですね
だそうですね。本木クンは周防監督の「シコふんじゃた」以来、良い役者さんだと思ってました。
日本映画云々はいろいろありますが、私は黒澤映画の大ファンで、未だ黒澤さんを超える人はいないと思っております。海外でも黒澤映画に出てくる場面のパクリと思われる場面がたくさんあります。
「おくりびと」は私も未だ見てませんが、見てみたいと思います。
>アメリカでも劇場公開するらしいですが、どこまで観客が入るか・
人から聞いたところによると、アメリカでは外国の映画はよほどのマニアじゃないと見る人少ないらしいです。特に英語じゃないとこのは。

BGM またまた知らないかたです
こちらはGeorge Benson 「Absolute Benson」
Commented by ThebasicsISO100 at 2009-02-24 21:00
こんばんは。
昨夜から今朝にかけてTVは「おくりびと」一色で凄かったですね!
>本木くんが題材を見つけたそうですね。15年も前に・・・。
僕は詳しいこと解りませんが、映画化に15年もかかるもんですかねー?
これでモックンも全米デビュー間違いなし?ですか(笑)。

知らなかったのですが、乃木神社にも立派な鳥居あったんですね。
一瞬、京都かと思いました(笑)

僕も観ていないのでこれを機に観よう。


Commented by floral-blenny at 2009-02-24 21:10
yukionnaさん、こんばんは。
>外人さんを入れることで日本らしさを
いやいや、これはたまたまです〜。でも、丁度良かったとも言えますね〜。
>黒澤映画に出てくる場面のパクリ
そうそう!!有名なのは「荒野の七人」だったっけ?あと、Starwarsにも多少有りますよね。自分にとっても黒沢さん以上の人はいないかな?でも、昔の市川崑さんの映画は映像的に美しかったですね。
>外国の映画はよほどのマニアじゃないと見る人少ないらしいです。特に英語じゃないとこのは。
そうですね〜。America as No.1.ですからね〜。彼らの思想は・・・。

BGM、松岡直也さんは中森明菜の「ミ・ア・モーレ」の作曲者です。詳しくはwikiでもどうぞ〜。George Benson、大好きですよ〜。
Commented by floral-blenny at 2009-02-24 21:21
M5さん、こんばんは。
>映画化に15年もかかるもんですかねー?
ケースバイケースだと思いますが、内容的にあまり若者でも成り立たないし、今回やっと様々なタイミングが上手く交差したのでしょう。本木君ひとりで作れるモノでも無いですしね。
本木君にも何かしらのオファーは来ると思いますよ。
その前に広末涼子にはいくつか話があるらしいです。詳しくは知りませんが、何かで読んだと思います。(笑)
>乃木神社にも立派な鳥居あったんですね。
いえいえ、立派では無いですよ〜。この写真の奥にすぐ小さなお社があって、手前にはすぐメインの小振りな鳥居があります。乃木神社の敷地内にある「赤坂王子稲荷神社」というお社です。
>僕も観ていないのでこれを機に観よう。
京都伏見稲荷が一番有名ですが、けっこう色々な所にありますね、朱塗りの鳥居は。なかなかグッと来る色乗りだと思いました。
Commented by けいすけ at 2009-02-24 22:49 x
鳥居の朱が本当にGoodですね。
望遠レンズを思わせる遠近感も素敵ですね。

「おくりびと」ですが、以前より本木氏のファンだったので嬉しいです。
僕も観ていないのですが(ここに登場する人は誰も観ていませんね 笑)観たいと思います。
しかし「外国語映画賞」って分野は、英語圏が世界の中心という考えが臭っていてイヤですねぇ。
Commented by floral-blenny at 2009-02-24 23:02
けいすけさん、こんばんはです。
朱がホントに奇麗に出てくれて、自分もうれしいです。Planarのおかげかな??
>「外国語映画賞」って分野は、英語圏が世界の中心という考えが臭っていてイヤですねぇ。
その通りですね。言語・宗教・人種でくくりたがりますからね〜。人間は昔から、善悪・上下・白黒など二つに分けて優劣を付けたがるのですが、何とかなりませんかね??(笑)
<< 制服? White Balance >>