White Balance

c0195157_16221616.jpg

↑昨日Planar85mmで撮影したモノです。あまり参考になるモノでは無いですね。

今日はホワイトバランス(以下WB)の話でもしましょうか?
とりあえず簡単にこちらを御覧頂ければつかめるかと思います。

これはあくまでJPEG等RAW以外での記録に関わってきます。なぜなら、RAWで記録すれば後処理(CanonならDPPとか)での設定変更が可能ですから。

撮影時にWBを日陰にして日陰で撮影すると日陰にある白いモノは白くなり、白熱電球で照明された部屋で電球に設定すればその部屋にある白いモノは白くなるということです。色再現という事では良いのかもしれませんが、あまり面白くは無いですね。
逆に例えば太陽光にセットした状態で撮影すると、日陰や曇りの日などは青くなり夕方の太陽や電球などは黄色〜オレンジになります。
5DMK2でいうと、オート、プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、マニュアル、色温度指定(2500–10000K)がありますが、オートは撮影時の状態や画像を画像エンジン(DIGIC 4)が判断し、その他はユーザーが判断して使います。
色温度についてはカラーメーターというもので、その場の計測をしないと判らないので撮影時に使うことはほとんど無い(プロ以外)と思います。概略はこちらでも御覧下さい。
マニュアルも面倒くさいといえばそうなので、あまり使わないかもしれません。
使えるとしたら、撮影時ではなくRAW現像時に画像内の本来白い部分を指定して、WBを設定することくらいでしょうか?
なので、大体通常はオートが多いのかな?と思います。

ちなみに自分の撮影時設定は、WB太陽光(太陽光を基準にしてどういう色か判りやすくなるので)、PS(ピクチャースタイル)ニュートラルもしくは忠実設定になってます。
そして、RAW現像時に必要ならWBを色温度に変更してスライダーを動かし、微妙にバランスを変え設定します。

wikiにも書いてありますが問題はMIX光。特に蛍光灯や水銀灯と白熱電球などのMIXとか、ストロボとのMIXとか。
ある程度の補正は撮影時に対応していれば可能ですが、撮影時にやってないときついですね。
その為に作られたアクセサリーも有りますよ。例えばコレとかコレとか。
これは今やかなりのユーザーがいるオムニバウンスですが、グリーンが蛍光灯用、ゴールドが電球などのタングステン光用です。
先日のM5さんの写真なんかは、ストロボにグリーンのやつを装着していれば補正が楽だったかと思います。
ただし、これらを揃えているアマチュアがどれだけいるのか??判りませんが・・・。(もちろん自分も白しか持ってないし、そもそも滅多にストロボ使いませんけれど)

ただし、自分は全てを完璧に補正した写真がいいとは思っていません。
ケースバイケースですが、蛍光灯っぽさを残した方がいい時も有りますし、電球っぽさを残した方がいい時も有ります。
つまり画によるんですね。だから、↑の補正用ディフューザーも善し悪しでは有ると思います。
多分使っているのはごく一部の方(プロも含め)だろうと思ってますが。

こんなんで判りますかね〜〜??何せ作文は大の苦手なのでね〜。m(__)m

BGM
B.B. King
[PR]
by floral-blenny | 2009-02-23 16:32 | photo | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://photototo.exblog.jp/tb/10952588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ThebasicsISO100 at 2009-02-23 19:47
こんばんは。
僕は基本的にWBはオートと太陽光半々ですかね。逆に日陰や曇りはほとんど使いません。(好みですが僕は妙に黄色くなるのが好きになれません)
でも、キャノンのAWBは結構優秀だと個人的に思いますね。

>M5さんの写真なんかは、ストロボにグリーンのやつを装着していれば補正が楽だったかと思います。
ゴールドや黄色は知っていましたが、まさか緑のオムニバウンスがあるとは知りませんでした(笑)。(まぁー買いませんが。)

僕もストロボ使用頻度少ないので撮影の時は苦労しています。

85mmもなんだか良さそうですね(笑)
2本逝った意味が解りました!
Commented by yukionna at 2009-02-23 19:48 x
こんばんは~!!
いやいや、なかなかのご講義ですm(  )m
色温度とか基礎知識もあやふやにやってましたから、勉強になります。
特に室内ではストロボにも注意が必要なんですね。(自分はストロボ持ってませんが)
>自分は全てを完璧に補正した写真がいいとは思っていません。
>ケースバイケースですが、蛍光灯っぽさを残した方がいい時も有りますし、電球っぽさを残した方がいい時も有ります。
感覚で調整していいって解釈させていただきました(^^;)
>こんなんで判りますかね〜〜??
できの悪い生徒を相手にご苦労おかけしますm(  )m
自分なりに判りましたです、ハイ。でもテストなんてしないで下さいね(^^;)

BGM: B.B.King CD2枚持ってます。今夜はそれでお供させていただきます。
エリック・クラプトンとの共演アルバム「Riding with the King」
スティーブ・ガットのドラムがカッコイイ~!!
Commented by floral-blenny at 2009-02-23 20:23
M5さん、こんばんは。
>キャノンのAWBは結構優秀だと個人的に思いますね。
自分もそう思うよ〜。でも、微調整したいことの方が多いです。
ちなみに昨日の写真は、太陽光で撮影、RAW現像時に日陰に変更しました。
>まさか緑のオムニバウンスがあるとは知りませんでした
たまたま知っていたけれど、使っている人は見たこと無いし、笑えるかな?と載せてみました。(笑)
>85mmもなんだか良さそうですね
でしょう??でも、50mmよりも85mmの方がフォーカスが難しいです。
三脚&ライブビュー使えば楽でしょうけれど。
Commented by floral-blenny at 2009-02-23 20:25
yukionnaさん、こんばんは。
>感覚で調整していいって解釈させていただきました
もちろんそれでいいのですよ〜!アバウトに概念だけ判っていればいいと思います。
>でもテストなんてしないで下さいね
では、質問です。


うそ〜〜〜!!!

BGM
そのアルバムは自分も持ってます。
格好いいよね!
Commented by keisuke-yokoo at 2009-02-24 00:18
銀塩を十分に経験された貴殿が、ホワイトバランスの重要性を伝えたい気持ち分かります。
デジタル写真で重要なのはRAW現像のWBです。
ピクチャースタイルとかノイズごまかしとかはレタッチの領域で、大切なのはWBです。
白を正しく白とする、それこそ写真です。

現像とレタッチの違いを理解されているのだと思います。
Commented by けいすけ at 2009-02-24 12:16 x
日誌の後半で
>ただし、自分は全てを完璧に補正した写真がいいとは思っていません。
と、仰っていますね。そのとおりだと思います。
WBを調整することで、例えば冬の寒さや夕方らしさも表現できます。
そういう調整は嘘ではなく演出なんですね。大切な仕上げです。

僕も去年の今頃はWBがチンプンカンプンでした。光源の違いでプリントされた写真の色が変化しているように見える事も理解出来ませんでした。
でも、キヤノン・ショールームのプリンターコーナーで、色々な光源で同じ写真が違って見えることを体験させてもらって理解出来ました。
Commented by floral-blenny at 2009-02-24 19:27
けいすけさん、こんばんは。
>大切なのはWBです。
はい、自分もそう思っております。
>そういう調整は嘘ではなく演出なんですね。大切な仕上げです。
嘘と演出は紙一重な部分も有るのですが、嘘にならない程度が重要だと思います。なので、シャープネスも程良いくらいにしかかけなかったりしますね。
>色々な光源で同じ写真が違って見えることを体験させてもらって理解出来ました。
それは良い体験をされましたね。自分は仕事が映像の色彩調整関係なので、常にそのような事をしておりますが、中々理解しづらい部分ではあると思います。
>現像とレタッチの違いを理解されているのだと思います。
単純にキャリアが長くて、多少関連している仕事をしていますので・・・。
ただ、レタッチ前提・トリミング前提は写真とは違うかな?と思っております。
<< Departures 乃木坂 >>